PC電源ユニットおすすめ10選。選び方と容量別に性能比較

PC 電源 おすすめ 電源ユニット

電源ユニットは、各パーツに電力を供給するための重要なパーツです。

ここではおすすめのPC電源ユニットをまとめてみました。

電源ユニットの選び方

必要な電源容量

400W 以下 ネットサーフィンなど一般用途なら十分。
450~750W PCで3Dゲームを遊びたい方向け。PCの消費電力によって適切な容量を選択。
800W 以上 消費電力が高いグラボ(RTX3080など)を使用。ハイエンドPC向け。

ドスパラさんの電源容量計算サイトが使いやすいです。ここで使用パーツを選択して、必要な電源容量の目安としてください。

→ドスパラの電源容量計算サイト

プラグイン型(ケーブル着脱可)

電源ユニットのケーブルには3種類の取り付けがあります。

ノンプラグイン セミプラグイン フルプラグイン
全ケーブル電源ユニット固定 一部ケーブル着脱可 全てのケーブル着脱可

フルプラグイン型は全てのケーブルが脱着でき、ケーブル整理をしやすいが、高価な電源に多く採用されているため、価格を抑えるならノンプラグイン型かセミプラグイン型となる。

PC電源ユニットおすすめ10選

安く抑えるなら「玄人志向 STANDARD」

低価格帯の電源の中でも105℃コンデンサを採用しており高い寿命と安定性を備えています。

一般用途ではこれで十分。

低価格の中でも信頼して使える最低ラインの電源なので、これ以下の怪しい電源は選ばないほうが無難です。

注意として、コネクタが短く作られており、ATX用の大きいケースでは配線が届かない場合があります。MicroATX以下のケースなら配線は可能。

届かない場合は、ATX12Vコネクタの延長コードが必要になってきます 。

400W / 500W / 600W

ATX12V 延長コード 4pin / 8pin
延長コードのpin数はマザーボードに合わせましょう。

低価格帯の定番「サーマルテイク SMART」

Thermaltake Smart

こちらも低価格帯ならおすすめ。

各ケーブルには断線を防ぐチューブが装着されており、見た目が良いのも特徴。

上記の「玄人志向 STANDARD」に比べてコネクタの長さが通常なので、大きいケースでも延長コード等は必要ありません。

350W / 500W / 600W

コスパが良い「玄人志向シリーズ」

玄人志向 KRPW-BK

品質・性能に対してコストパフォーマンスが良い。
各タイプ用意されているので使いたいものを選べる。

・Bronze(セミプラグイン)
450W / 550W / 650W / 750W

・Bronze NZXT
500W / 600W

・Silver (静音モデル)
650W / 750W

・Gold(フルプラグイン)
550W / 650W / 750W

人気No1 高品質「ANTEC NeoECO GOLD」

ANTEC NeoECO Gold

日本メーカーのコンデンサーを使用しており非常に優れた安定性と耐久性を持っている非常に人気の電源ユニット。高品質帯の中でも価格は抑えめで、信頼・品質に対してコスパが高い電源ユニットです。

・NeoECO GOLD(セミプラグイン)
550W / 750W

高品質の頂点「 SUPER FLOWER LEADEX III」

SUPERFLOWER LEADEX III

 

変換効率90%以上のハイパフォーマンスを持ち、安心の日本製コンデンサを使用している超ハイスペック電源。ファンノイズが少なく、とくにゲーム中に消費される400W付近の負荷においても静かで、ゲーマーにも愛されてる電源です。

上記の「ANTEC NeoECO」より高価ですが、さらに高品質&静音性を求めるなら「 SUPER FLOWER LEADEX III」がおすすめです。

SUPER FLOWER LEADEX III
フルプラグイン

550W / 650W / 750W / 850W

光って白い電源「SUPERFLOWER LEADEX III RGB」

SUPERFLOWER LEADEX III RGB

上記の「 SUPER FLOWER LEADEX III」の白モデルver、さらにRGBも付いて光るオシャレな電源。もちろん性能も同様に高性能&静音性もあります。

白電源を探している方はこれ一択。超おすすめです!

SUPERFLOWER LEADEX III RGB
フルプラグイン

550W / 650W / 750W / 850W