【比較】ド定番SSDの MX500, 860EVO, Blue3D, Ultra3D どれがおすすめかを検証

おすすめSSD 比較 MX500 860EVO Blue3D Ultra3D ストレージ

「Crucial MX500」「Samsung 860EVO」「WD Blue 3D」「SanDisk Ultra 3D」SSDといえば、この4つが定番中の定番ですよね。どれも人気すぎて正直どれを選べばいいか分からない!という方も多いと思います。

そこで今回は、この4つのSSDの性能・耐久性などを検証・比較し、どれが一番おすすめできるSSDなのかを見ていこうと思います。

基本スペックを比較(実測)

記載してある数値はメーカー発表ではなく、実際にユーザーが測定した数値を記載しています。

メーカー Crucial Samsung WD SanDisk
商品名 MX500 860EVO Blue3D Ultra3D
容量 500GB 500GB 500GB 500GB
連続読込 472 MB/s 481 MB/s 465 MB/s 459 MB/s
連続書込 423 MB/s 424 MB/s 411 MB/s 408 MB/s
4KB読込 33.7 MB/s 35.3 MB/s 32.5 MB/s 31.6 MB/s
4KB書込 85.1 MB/s 97.2 MB/s 83.4 MB/s 81.9 MB/s
持続書込 403 MB/s 349 MB/s 358 MB/s 363 MB/s
保証期間 5年間 5年間 5年間 5年間

SSDの一つの寿命を表す指標TBW(書き込み可能量)の数値は公称値でしかないので記載していません。メーカー数値を信じるなら別ですが、PCパーツへの評価は実測値とリアルな口コミ、今までの実績が私は大切だと思っています。

そもそも一般ユーザーがTBWを気にする必要がないほど上記4メーカーのSSDの性能は上がっています。TBW(寿命)を気にするなら故障率のほうを気にしたほうが良いでしょう。

MX500, 860EVO, Blue3D, Ultra3D 結局どれがおすすめ?

体感できるか分からない差ですが、小さいファイルの読み書きはSamsung 860EVOが優れています。ただし、価格差を考えると数値以上に優秀とは思えない結果となりました。

耐久性・故障率は簡単には計測できませんが、もっとも信頼度が高い「Micron 3D NAND」を採用している「Crucial MX500」をおすすめします。次に東芝NANDが採用されている「Blue3D」「Ultra3D」が良いでしょう。

結果

読み書きの優秀さ、信頼できるNAND、価格のバランスと、総合的に最も優れているのは「Crucial MX500」でしょう。

他の3つの製品は、特徴をみると大きくは変わらないといった印象です。セールなどによって価格が下がってるのなら選ぶのも良いでしょう。

SSDの購入は届く速さ、保証・返品などからamazonをおすすめしています。

容量はamazonのリンク先にて選択できます。