ゲーミングモニターおすすめ&選び方

ゲーミングモニター おすすめ 選び方 ゲーミングモニター

モニターは専門性が高く、使いたい環境によって適切なモニターが異なってきます。なので○○はとにかくおすすめ!という単純なものはなく、自分の使いたい環境に合ったゲーミングモニターを選びましょう。

動画でもゲーミングモニターの選び方を解説中

ゲーミングモニターの選び方

まず最初にゲーミングモニターを選ぶ上で大切な基礎知識を簡単に確認

  • リフレッシュレート (Hz)
  • 応答速度 (ms)
  • パネルの種類
  • モニタサイズ (インチ)
  • 解像度 (P)

他にも選ぶポイントはありますが、これだけ知っていれば、使いたい環境に合ったゲーミングモニターを選ぶことができます。

基礎知識を順に解説していきます。

リフレッシュレートを知ろう

リフレッシュレートとは、「モニターが一秒間に表示できる映像の回数」を表しています。

単位はHz(ヘルツ)

60Hz対応なら1秒間に60回の表示、144Hz対応なら1秒間に144回の表示と、映像を表示できる回数がモニターの対応によって異なってきます。

このリフレッシュレートが高いと何が良いか

画面を動かした時のカクつきが解消され、ヌルヌル動いて見えるようになります。とくにFPS系ゲームなど、画面を素早く動かすゲームには大きく体感できるほどの違いがあります。

一般のモニターには60Hzが使わており、ゲーミングモニターとなると144Hz/240Hzが使われています。

もちろん240Hzと高いリフレッシュレートのが良いですが、240Hzの映像を作る高性能なPCも必要になるので、コストパフォーマンスを考えると144Hzがおすすめです。

応答速度を知ろう

応答速度とは、「画面の色が切り替わる速さ」を表しています。

単位はms(ミリセカンド)、数値が小さいほど速い。

この応答速度が速いと画面の残像感が少なくなり、画面を激しく動かしても映像を認識しやすくなります。FPS系のゲームでいうと敵やオブジェクトの認識のしやすさに繋がるものです。

各メーカーのカタログスペックには「1ms」「0.6ms」など表記してありますが、各メーカーの応答速度の測り方・表記の仕方が違うので、重要な数値ではありますが参考にしなくて良いと思います。

パネルの種類(TN/IPS/VA)

液晶パネルは、大きく分けるとTN, IPS, VAと3種類あり、それぞれ特性が違います。

TN IPS VA
色再現性
コントラスト
視野角
応答速度 ○-◎
価格
  • 色再現性…色を正しく綺麗に表示できるか
  • コントラスト…明暗の調整、しっかりと黒を出せるか
  • 視野角…角度をつけて見ても綺麗に見えるか
  • 応答速度…画面を映し出す速度、早いほど画面が滑らか
  • 価格…安く購入できるか

パネルの違いによる特性を簡単に解説

  • TNパネルは応答速度が速く価格も安い。画面の動きが速いFPSゲームなどが得意
  • IPSパネルは色再現性が高く、応答速度も速い。全般的に使える万能パネル
  • VAパネルは黒色の表示が得意。暗いゲームや映像鑑賞などに向いている

FPS系のゲーム性能だけを見ると…

TN>IPS>VAの順で得意です。

ですが最近のIPSパネルは性能が上がってきており、TNパネル並の滑らかさを持っています。

適切なサイズ(インチ)

モニタにはサイズがあり、インチで表されています。数値が大きいほど画面が大きくなります。

プロゲーマーや一般的に多く使われているのが24インチの大きさです。

さらに大きいサイズになると、27インチや32インチのものがあります。ウルトラワイドなど横に長いモニターとなると34インチ以上のものが多くなります。

デスク上で使うのは20インチ~32インチが適しており、ゲーム目的なら種類が多い24インチがおすすめです。

解像度を知ろう

モニターのパネルは、一つ一つ点灯する点「ピクセル」の集まりによって画像を表示しています。

解像度はパネル内のピクセルの数を表記しており、FHD(フルHD)なら1920×1080(1080P)という感じに表しています。

解像度

解像度が高いほど、画面領域を広く使えて鮮明で綺麗に見えますが、PC側にも負荷が掛かってしまいます。4Kになると高スペックなPCでも60FPSでのプレイが一般的となります。

ゲーミングモニターは、解像度よりフレームレート(FPS)を優先しており、一般的なのがFHDで144/240FPSの表示です。

モニタサイズによってもおすすめの解像度があります

  • 24インチFHD: 一般的なサイズで種類も多い。プロゲーマーほぼこれ
  • 27インチFHD: 画面が少し大きく、机の奥行きが60cmはほしい。
  • 27インチWQHD: 画面が大きく適切な解像度。
  • 27インチ4K: 画面が大きくピクセルがかなり細かい。
  • 32インチ4K: 画面がとても大きく没入感ある4Kを楽しめる。

効果的な残像低減機能「黒挿入」

ゲーミングモニターの中には、残像を大きく減らす「黒挿入」という機能があるモニターがあります。ASUSなら「ELMB」BenQなら「DyAc」と名前が付けられています。

この黒挿入はフレームとフレームの間に黒色フレームを挟むことで残像を見えにくくする技術です。

残像を減らす効果はかなり高いですが、超高速で黒画面が点滅しているのと同じで、目が疲れて合わないって方もいます。明るさも下がるのでグラボ側かモニター側で調整する必要あり。

初めてゲーミングモニターを買う方は、試す意味でもこの機能はあったほうが良いかもしれません。

タイプ別おすすめゲーミングモニター

144Hz(IPS)ゲーミングモニター

(おすすめ)IPSで応答速度が速い「ASUS VG259Q」

ASUS VG259Q

24.5インチ / 1920×1080 / IPS / 144Hz
スピーカー搭載 / 高さ調整あり / VESA / DisplayPortx1, HDMIx2

BenQの子会社 AU Optronicsの高品質パネルが使われているゲーミングモニター。

応答速度がTNパネル並に早く、画質もIPSパネルなので非常に綺麗。高さ調整あり、スピーカー搭載で機能も豊富。入力端子もDisplayPort x1 HDMI x2と使いやすい。また、ELMB(黒挿入)という残像を大きく減らす機能が実用的。

144Hzの中でも画質が綺麗、ゲーミング残像が少ないモニターで非常におすすめです。(私のメインモニターとしても使用しています)

低価格・IPS・144Hzなら「Acer VG240YPbmiipx」

Acer VG240YPbmiipx

23.8インチ / 1920×1080 / IPS / 144Hz
スピーカー搭載 / VESA / DisplayPortx1, HDMIx2

中国のPandaパネルが使われている価格が安く画質が良いモニターです。

フリッカーレス、ブルーライトシールドとAcerの技術もしっかりと引き継いでおり、フレームレスデザイン、スピーカー付きと低価格帯では隙のない機能っぷり。ただし高さ調整はありません。

応答速度は最新のIPSパネル、TNパネルより少し劣りますが、ゲームメインではなくクリテイティブな作業をしたい方で画質の良い低価格なモニターを選びたい方におすすめです。

↓165Hzタイプも出ています。 こちらはDPケーブルが付属。144Hzのほうと大きな差はないので安い方を選ぶと良い。

(おすすめ)WQHD 144Hzのベスト「BenQ EX2780Q」

27インチ / 2560×1440 / IPS / 144Hz
スピーカー搭載 / VESA / DisplayPortx1, HDMIx1, USB Type-Cx1

各メーカーがWQHD144Hzゲーミングモニターを出していますが、その中でもこのモニターはとくにおすすめしたい。

専用のリモコンが付属しており操作性がとにかく高く、本体の電源、入力切替、音量調整,ブルーライトカットなどをボタン一つで切り替えることができます。

また、残像感も少なく、競技性のゲームにほしい、暗所を明るくする機能機能などもあることから、ゲーミングモニターとしても性能、機能も十分に備えいます。

ただ一つ欠点があり、この価格帯で高さ調整が付いていないです。VESA規格対応なので不便があるならモニターアームで対処したいところ。

WQHD27インチ「ASUS VG27AQ」

ASUS VG27AQ

27インチ / 2560×1440 / IPS / 165Hz
スピーカー搭載 / VESA / 高さ調整 / DisplayPortx1, HDMIx2

こちらは上記の「BenQ EX2780Q」に比べて、操作性やHDR機能は劣るものの、優秀なモニタースタンドが付いています。モニターの縦置き、高さ調整、スピーカー搭載など機能も多い。もちろん残像を少なくするELMB(黒挿入)は実用的で総合的なゲーミング性能は非常に高いといえます。

フルHD27インチ「ASUS VG279Q」

ASUS VG279Q

27インチ / 1920×1080 / IPS / 144Hz
スピーカー搭載 / VESA / 高さ調整 / DisplayPortx1, HDMIx1, DVIx1

スピーカー搭載に高さ調整ありと多機能なIPS144Hz駆動のゲーミングモニター。信頼のAU Optronics製パネルが使われており、ASUS製のため機能も豊富。

24インチよりサイズが大きい27インチで性能が高いゲーミングモニターを選びたい方におすすめです。

144Hz(TN)ゲーミングモニター

(おすすめ)最高のTN144モニター「ASUS VG258QR」

ASUS VG258QR

24.5インチ / 1920×1080 / TN / 144Hz
スピーカー搭載 / 高さ調整 / VESA / DisplayPortx1, HDMIx1, DVIx1

現在私が実際に使っている最高の144HzTNモニターの一つ。これを購入してから他のTNモニターは手放しました。

豊富な機能、高さ調整、スピーカー搭載、リフレッシュレートも165Hzまで選択できる。

最大の特徴は、黒挿入という残像を大きく減らす機能が実用的なところ。個人的にはこの機能が付いているだけで他のTNモニターとの価格差は納得できます。

TNパネルで高機能なゲーミングモニターを選びたい方におすすめです。

安さ重視144Hzモニター「AOC AGON G2590PX」

AOC AGON G2590PX

24.5インチ / 1920×1080 / TN / 144Hz
VESA / 高さ調整 / DisplayPortx1, HDMIx2, D-subx1

高さ調整はあるがスピーカーを搭載していないモニターです。

AUO製のパネルを使っているのでゲーミング性能は十分にあります。

とにかく安くて応答速度が速いモニターを探しているならこれ!

↓メーカーは違いますが同じパネルを使っているのでこちらも◎

240Hz(IPS)ゲーミングモニター

(おすすめ)高コスパ最大280Hz対応「ASUS VG279QM」

VG279QM

27インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 240Hz 最大280Hz
VESA / 高さ調整 / スピーカー搭載 / HDMIx2, DisplayPortx1, DVIx1

最大280Hzまで出せる超高速のゲーミングモニター。

AUO製パネルが使われており、高リフレッシュレートなだけではなく優秀なELMB(黒挿入)機能があり残像を限りなく少なくすることができます。

リフレッシュレートや機能に対してのコスパが非常に高く、とにかく残像が少なく価格を抑えたい方におすすめ。

低価格なIPS240Hz「Pixio PX5 HAYABUSA2」

Pixio PX5 HAYABUSA2

24.5インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 240Hz
VESA / 高さ調整あり / HDMIx2, DisplayPortx1

240Hz駆動のIPS液晶が使われているゲーミングモニター。

評価が高いAUO製パネルが使われており、応答速度、色の再現性は十分に備わっています。スタンドも高さ・向き・傾きをスムーズ調整できる優秀なスタンドなのもポイント。

同じ240HzのTNパネルには応答速度は少し劣るが、240HzほどになるとIPSもTNも応答速度による残像感の違いを感じられるのは難しい。個人的には240Hz帯のパネルはIPSをおすすめしたい。

240Hz(TN)ゲーミングモニター

(おすすめ)大会仕様240Hzモニター「BENQ ZOWIE XL2546」

BENQ ZOWIE XL2546

24.5インチ / 1920×1080 / TNパネル / 240Hz
VESA / 高さ調整 / スピーカー搭載 / HDMIx2, DisplayPortx1, DVIx1

PUBG、CS:GO等のプロプレイヤーたちが使っているゲーミングモニターです。シェアは40%以上と圧倒的。「PUBG Global Championship 2019」の大会公式モニターにも選ばれました。

特に「DyAc」という機能は大きく残像感を消すことができる超優良機能。また、「Black eQualizer」という機能も便利で、明るい領域を過度に明るくせず、暗い領域を照らせる効果があります。他のメーカーにも似たような機能はありますが、このモニターに搭載されている機能は超優秀で、FPSのプロプレイヤーたちに好んで使われています。

XL2456は他の240Hzモニターと比べて少し高価ですが、価格差以上に機能の価値あり。プロに近い環境でプレイしたい方に非常におすすめです。

格安240Hzモニター「AOC AG251FZ211」

AOC AG251FZ211

24.5インチ / 1920×1080 / TNパネル / 240Hz
高さ調整あり / スピーカー搭載 / VESA
HDMI2.0x1, HDMI1.4×1, DisplayPortx1, DVIx1

とにかく低価格なのが特徴のAOCのモニター。

高さ調整あり、スピーカー搭載とコスパも良い。

240Hz入門向けにおすすめできるゲーミングモニターです。

低価格240Hzモニター「OMEN X by HP 25f」

OMEN X by HP 25f

24.5インチ / 1920×1080 / TNパネル / 240Hz
高さ調整あり / VESA / HDMI2.0x2, DisplayPortx1

ヒューレット・パッカード(HP)の格安240Hzゲーミングモニター。

見た目がシンプルでおしゃれ。

低価格で見た目が良いモニターを探している方におすすめです。

プロ・大会仕様240Hzモニター「ALIENWARE AW2518HF」

ALIENWARE AW2518HF

24.5インチ / 1920×1080 / TNパネル / 240Hz
VESA / 高さ調整 / HDMIx2 / DisplayPortx1

多くの大会で使われている「ALIENWARE AW2518HF」フォートナイトやLOLのプロプレイヤーに多く使われています。

優秀な応答速度、低遅延、低残像と必要なゲーミング性能は揃ってる上に、画質も優秀。正面から見ればIPS並の発色を持っており、最高クラスのゲーミングモニターの一つです。

上記の「BENQ ZOWIE XL2546」との違いは、こちらのが機能は少ないですが、画質はこちらのが綺麗に映し出してくれます。

機能なら「BENQ ZOWIE XL2546」、画質なら「ALIENWARE AW2518HF」と選ぶのが良いかと思います。

60Hz(PS4 / Switchも可)ゲーミングモニター

PS4とスイッチのフレームレートは最大60FPSであり、リフレッシュレート60Hzのモニターで十分です。144Hzや240Hzのモニターと比べて低価格です。

PCと家庭用ゲーム機を兼用で使用するなら、144Hz・244Hzモニターのほうをおすすめします。

多機能60Hzモニター「I-O DATA EX-LDGC251TB」

I-O DATA EX-LDGC251TB

24.5インチ / 1920×1080 / TNパネル / 60Hz
VESA / スピーカー搭載 / HDMIx2, DisplayPortx1

このモニターの特徴が、HDMIx2とDisplayPortがあることでPC、PS4、スイッチなど3つの機器を接続しておくことができます。

またTNパネルが使われており、低遅延・低残像でゲームをスムーズにプレイできるゲーミング性能を持っています。

モニタースタンドの高さ調整機能がありませんが、VESA規格に対応しているのでモニターアームが使えます。

モニター性能が良く、多くの機器を接続したい方におすすめです。

高画質60Hzモニター「BenQ GW2480」

BenQ GW2480

23.8インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 60Hz
VESA / スピーカー搭載 / HDMIx1, DisplayPortx1,D-subx1

LGディスプレイの高画質パネルと搭載し、BenQの豊富な機能を持っているモニター。

部屋の明るさに合わせて自動で輝度を調整する機能が非常に便利。

高画質な多機能モニターを探してる方に非常におすすめです。

4K(PS4 Pro対応)ゲーミングモニター

現在の4K(3840×2160)の解像度で144Hz駆動のモニターは実用化されていません。当記事では4K画質でもゲーミング性能が高いモニターを紹介します。

(おすすめ)4K高画質モニター「DELL U2718QM」

27インチ / 3840×2160 / IPSパネル / 60Hz
VESA / 高さ調整 / HDMIx2 DisplayPortx1 USB-Cx1

色再現性能が高く、動画や映画鑑賞用に最適なモニター。応答速度も4Kのなかでは速いのでゲーム用としても問題なく使える。

HDR機能は他のモニターと同様に期待しないほうが良いでしょう。

PCやPS4 Proで、映像を楽しみたいゲーム用モニターとして最適です。

低価格 4Kモニター「HP 27f 4K」

HP 27f 4K

27インチ / 3840×2160 / IPSパネル / 60Hz
高さ調整 / HDMIx2 DisplayPortx1

白枠が美しいHPのゲーミングモニター。

この価格帯で高さ調整あり、FREESYNC対応と嬉しい機能が含まれています。

スピーカーは搭載していないので別途用意が必要。VESAに対応していないのでモニターアームを考えている方は注意

低価格 4Kモニター「LG 27UL500-W」

LG 27UL500-W

27インチ / 3840×2160 / IPSパネル / 60Hz
VESA / HDMIx2 DisplayPortx1

LGの低価格4Kモニター。

上記の「HP 27f 4K」と比べて高さ調整はないが、VESA規格対応なのでモニターアームが使える。モニターアームを考えてるならこちらを選ぼう

↓高さ調整、USB Type-C、スピーカー搭載モデル

32インチ 4Kモニター「BenQ EW3270U」

BenQ EW3270U

27インチ / 3840×2160 / VAパネル / 60Hz
VESA / HDMIx2 DisplayPortx1 / スピーカー搭載

31.5インチの多機能4Kモニター。

VAパネルを採用しているため、動画鑑賞や映像が綺麗なRPG系、ファークファンタジー系のゲームを楽しめる。

スタンドの高さ調整はないがVESA規格対応なので、高さを調整したい方はモニターアームを使用するのがおすすめ。

BENQ独自のアイケア機能B.I.+という自動で明るさを調整してくれる機能があり便利で目に優しい。

ウルトラワイド UWQHD ゲーミングモニター

144Hz IPSゲーミングモニター「34GK950F-B」

34GK950F-B

34インチ / 3440×1440 / IPSパネル / 144Hz
VESA / 高さ調整 / HDMIx2 / DisplayPortx1

LGの応答速度が速い nanoIPSパネルが使われているゲーミングモニター。

現状ウルトラワイドのIPS 144Hzという条件でモニターを選ぶならこのモニターになるでしょう。

色再現度も高く機能も優れているので、ウルトラワイドでおすすめしたいモニターです。

リモコン付きウルトラワイド「I-O DATA LCD-GCWQ341XDB」

I-O DATA LCD-GCWQ341XDB

34インチ / 3440×1440 / ADSパネル / 75Hz
VESA / スピーカー搭載 / HDMIx2 / DisplayPortx1 / USB Type-C×1

ウルトラワイド(3440×1440)で価格を抑えたい方におすすめのモニター。

75Hzなので画面を激しく動かさないMMOなどのゲームに向いています。オンラインRPGのFF14推奨ディスプレイにもなっています。

ADSパネルとなっているが性能的にはほとんどIPSパネルと近い。

ゲーミングモニターに関してよくある質問

VESA規格とは?

VESA規格

モニターをモニターアームなどで固定したいときに使われる、モニターの背面にあるネジ穴位置です。

HDRについて

HDRとは、幅広い明るさの表現ができるようになる機能です。

ONにすることで繊細な明暗を表現することができて、より映像を忠実に再現します。

HDRとは

HDRには企画があり、HDR10、DisplayHDR 400、DisplayHDR 600などがありまが、基本的には同じものと考えてもらって良いと思います。

HDRを使うにはコンテンツ側もHDR対応している必要があります。まだまだHDR対応のゲームが多くはないのが現状、今後増えていくと思いますが上記の画像のように大きく変わる場面は少ないです。

技術的にも発展途上の分野なので、現段階では必要性は薄いと感じられます。