Ryzen 7 3700X に最適なクーラー、マザーボード、メモリを調べてみた[自作PC構成]

Ryzen7 3700X クーラー メモリ マザーボード CPU

「Ryzen 7 3700X」を効率よく動かすには、Intel CPUと違い、他のPCパーツとの相性が大切になってきます。

本来の性能を発揮しやすいよう環境を整えてあげましょう。

この記事では、特に重要となるRyzen7 3700Xに合ったマザーボード、メモリ、クーラーを紹介していきます。

3700Xの温度に適したCPUクーラー

Ryzen 7 3700Xにはクーラーが付属していますが、ゲームや動画エンコードなどの負荷をかけ続けると80℃を簡単に超えてしまいます。

CPU的にも80℃を超えると性能が落ちたり耐久面でも良くないので、適したCPUクーラーを使って運用します。

低価格の空冷CPUクーラーを使う

とにかく価格を抑えたい方は空冷CPUクーラーを使うとコストが抑えられます。

その中でもおすすめなのが「無限五

定番CPUクーラー「虎徹 MarkⅡ」のワンランク上の空冷CPUクーラーで、3700Xに使用して、アイドル時40度付近、負荷時71度台で安定してくれます。

静音性も、3700X付属クーラーと比べるとかなり静かになり、ケースによってはほとんど音がしません。

ただしクーラーの高さが154mmあるので、PCケースの搭載可能CPUクーラーの最大高155mm以上を確認します。

もし記載がなく分からなかったら、同じ高さである虎徹で検索すると良いでしょう。「PCケース名 虎徹」で検索すると、ケースに入れてる人が見つかるかもしれません。虎徹が入るなら無限五も入ります。

もちろん「虎徹 Mark II」もおすすめです。こちらはアイドル時44度付近、負荷時76度くらいなので運用上問題ありません。

もしケース的にどちらも入らない場合は、簡易水冷にするか、虎徹と近い冷却性能でサイズが小さくなる、高さ130mmの「白虎弐AMD」がおすすめです。

白虎弐AMDはアイドル時45度負荷時77度付近で3700Xを動かしてくれます。但し虎徹よりは

簡易水冷

3700Xを簡易水冷で冷やしたいなら、ラジエーターが240mm以上の簡易水冷を使いましょう。

価格は空冷より高くなりますがケース内はスッキリとし、240mmラジエーターなら「無限五」と同等、280mmと360mmラジエーターならそれ以上の冷却性能を持っています。

ラジエーターは大きく分けて4サイズあり、120mm・240mm・280mm・360mmがあります。実際のラジエーターの大きさは製品によって違いますが、120mmファンがいくつ使えるかで、サイズの種類が決められています。
例:120mmファンが3つ付くなら360mmラジエーター。1つなら120mmラジエーター。280mmラジエーターは特殊で140mmファンを2つ使います。

おすすめの簡易水冷は「Corsair PRO RGB」「NZXT KRAKEN」などの定番製品です。

有名メーカーで実績もあり、保証もしっかりとしているので、初めて簡易水冷を使うならおすすめです。

当ブログでは、他にもおすすめの簡易水冷や空冷CPUクーラーを紹介しています。

CPUクーラーまとめ
水冷・空冷のCPUクーラーのおすすめをまとめています。 簡単なCPUクーラーの選び方 とにかく安くCPU

3700Xに適したマザーボード

Ryzen 7 3700X以上を扱うなら性能を最大限に発揮できるX570のマザーボードをおすすめします。

価格に対して性能が高い

選べばば間違いなしコスパ最強の「GIGABYTE X570 AORUS PRO

低発熱な電源回路、耐久性抜群なコンデンサ、リアI/OにはUSB2.0x4、USB3.2Gen1x3、Gen2x2、 TypeCx1、安定性抜群のIntel LAN、オーディオはALC1220で高音質、と揃いに揃いまくっています。

そして重要なメモリ動作は4枚刺し、4000Mhzでの動作が可能と、まさに最強のミドルクラスマザーボード。コスパで選ぶなら間違いなしです。

見た目良しコスパよし

高性能・高耐久・カッコイイと三拍子揃っている「ROG STRIX X570-F GAMING

リアI/OにはUSB3.1 Gen1x4、USB3.1 Gen2が4ポート、便利なBIOS FLASHボタン、CMOSクリアボタンを搭載している。

チップセットファンは高耐久で冷却性能は非常に高くゲーミング向けのマザーボード。

見た目も黒中心としたデザインとRGBで非常に美しいのが特徴的。

価格の安いエントリーモデル

安価でおすすめなのが低価格・高耐久の「ASUS TUF GAMING X570-PLUS

リアI/OにはUSB3.1 Gen4x3、USB3.1 Gen2x2、RealtekギガビットLANを搭載。

M.2は2スロットあり下にあるスロットには優秀なヒートシンクが搭載されている。

チップセットファンが優秀でX570のなかでも最上位クラスの耐久性を持っている低価格マザーボード。

とにかく安く耐久性を求めてるかたにおすすめです。

3700Xに適したメモリ

まず、Ryzen 7 3700Xに適したメモリではなく、使用するマザーボードによって対応しているメモリを使いましょう。マザーボードの名前を調べてスペック等を見れば、サポートしているメモリが記載してあります。

何を選べばいいか分からない!という方にはネイティブ2666MHzのメモリを選びましょう。下手に3600Mhzのメモリを選んで動作不能になるよりかは、2666Mhzで安定した動作のものを選ぶほうが良いです。

もちろん3600Hzのが速いですが、体感できるほどの速さを得るのは正直難しいので価格を抑えたい人は2666Hzのメモリでも全く問題なし。

2666MHzメモリ

上記で紹介した「ASUS TUF GAMING X570-PLUS」などのエントリーモデルのマザーボードはこちらが良いでしょう。

安定と信頼のMicronチップ搭載2666Mhzメモリ「Crucial PC4-21300 8GBx2

2666Mhzの定番「CORSAIR VENGEANCE LPX Series」等がおすすめです。

3200Mhzメモリ

上記でコスパ最強と紹介したマザーボード「GIGABYTE X570 AORUS PRO」の場合

初心者の方は、何も設定なしで動かせるネイティブ3200MHzメモリ「Crucial W4U3200CM-8G」をおすすめします。

もちろんこちらのマザーは、下位である2666MHzのメモリも使うことが出来ます。