Ryzen 7 3700X に最適なクーラー、マザーボード、メモリを調べてみた[自作PC構成]

Ryzen7 3700X クーラー メモリ マザーボードCPU

この記事では、Ryzen7 3700Xに合ったマザーボード、メモリ、クーラーを紹介していきます。

3700Xの温度に適したCPUクーラー

Ryzen 7 3700Xには付属のクーラーがありますが、高負荷ゲームや動画エンコードなどを長く続けると80℃を簡単に超えてしまいます。

長時間高温状態になると、性能が落ちたり耐久面に良くないので、適したCPUクーラーを使って運用します。

低価格の空冷CPUクーラーを使う

とにかく価格を抑えたい方は空冷CPUクーラーを使うとコストが抑えられます。

その中でもおすすめなのが「無限五

定番CPUクーラー「虎徹 MarkⅡ」のワンランク上の空冷CPUクーラーで、3700Xに使用して、アイドル35度付近、負荷時71度台で安定してくれます。

静音性も、3700X付属クーラーと比べると優秀で、ケースによってはほとんど音がしません。

ただしクーラーの高さが154mmあるので、PCケースの搭載可能CPUクーラーの最大高155mm以上あるか注意しましょう。

ワンランク下の「虎徹 Mark II」もおすすめです。こちらはアイドル時40度付近、負荷時76度ほどになりますが一般的には問題はありません。

もしケース的にどちらも入らない場合は、虎徹と近い冷却性能でサイズが小さくなる、高さ130mmの「白虎弐AMD」がおすすめです。「虎徹 Mark II」と同じくらいの冷却性能を持っていますが、高負荷時はノイズが増えます。

簡易水冷

3700Xを簡易水冷で冷やしたいなら、ラジエーターが240mm以上の簡易水冷を使いましょう。

価格は空冷より高くなりますがケース内はスッキリとし、240mmラジエーターなら「無限五」と同等、280mmと360mmラジエーターならそれ以上の冷却性能を持っています。

おすすめの簡易水冷は「Corsair PRO RGB」「NZXT KRAKEN」などの定番製品です。

有名メーカーで実績もあり、保証もしっかりとしているので、初めて簡易水冷を使うならおすすめです。

当ブログでは、他にもおすすめの簡易水冷や空冷CPUクーラーを紹介しています。

CPUクーラーまとめ
水冷・空冷のCPUクーラーのおすすめをまとめています。 CPUクーラーの選び方 簡単なCPUクーラーの選び方

3700Xに適したマザーボード

Ryzen 7 3700X以上を扱うなら性能を最大限に発揮できるX570のマザーボードをおすすめします。

高コスパマザーボード

価格に対して高性能「GIGABYTE X570 AORUS PRO

低発熱な電源回路、耐久性抜群なコンデンサ、リアI/OにはUSB2.0x4、USB3.2Gen1x3、Gen2x2、 TypeCx1、安定性抜群のIntel LAN、オーディオはALC1220で高音質。

コスパを求めるなら選んでおいて間違いなし。

すべてが揃ったマザーボード

高性能・高耐久・カッコイイと三拍子揃っている「ROG STRIX X570-F GAMING

リアI/OにはUSB3.1 Gen1x4、USB3.1 Gen2が4ポート、便利なBIOS FLASHボタン、CMOSクリアボタンを搭載している。

チップセットファンは高耐久で冷却性能は非常に高くゲーミング向けのマザーボード。

見た目も黒中心としたデザインとRGBで非常に美しいのが特徴的。

価格の安いエントリーモデル

安価でおすすめなのが低価格・高耐久の「ASUS TUF GAMING X570-PLUS

リアI/OにはUSB3.1 Gen4x3、USB3.1 Gen2x2、RealtekギガビットLANと、普段使いには困らない。

M.2にはヒートシンクが搭載されている。チップセットファンも優秀で、X570のなかでも最上位クラスの耐久性を持っている低価格マザーボードです。

3700Xに適したメモリ

一般用となら2666Mhzのネイティブメモリ。

性能を求めるならAMD向けメモリとして作られた「G.Skill Trident Z Neo」がおすすめです。

上記のメモリは「PCメモリのおすすめ」にて紹介しています。

PCメモリのおすすめ&選び方
メモリの選び方 規格について DDR3とDDR4の違い メモリには規格があり、現在主流の規格「DDR4」